石川眞樹夫先生の記事をシェア

ワクチンを打ちたくない皆様への朗報です!

素敵なママさん達に、大きな声で

『ありがとうございます』☺️❤️

自然療法小児科医
石川眞樹夫

ーーーーーーー
以下、ママエンジェルスからのお知らせです。

厚生労働省 今度は本気で全面的に動き出しました!

驚きの資料の数々をご覧下さい💞

今日は皆さんにも妊婦さん🤰学生さん👨‍🎓医療従事者👨‍⚕️👩‍⚕️の皆さんにも、本当に嬉しいご報告です!
ママエンジェルスでお願いしていたことがほとんど通りました

1 :ワクチンは予診票で打ちたくないをチェックすれば接種しなくても大丈夫です🙆‍♂️
何と本当に厚労省がその欄を作ってくれました!!

2 :ワクチンのすべての成分や技術をきちんと書いてくれました!

3 :提案した通り厚生労働省にコールセンターを作ってくれました!
15日から既に稼働しています💞

4:妊婦の方は十分な臨床データがないので医者と相談していただければ大丈夫となりました🙆‍♂️

5 :医療従事者のワクチン接種には本人の同意が必要であり強制されない
職場や周囲の方に接種を強制したり強引に勧めたりしない

6 :一般の方も職場や周りの方にも接種を強制したり
接種を受けてない人に差別的な扱いをしない

7:15歳以下は接種の対象ではない

これらの内容はママエンジェルス👩が厚生労働省 内閣官房 日本医師会 日本看護協会 全国の250の自治体 教育委員会に答申として要請していた内容そのものです

是非なるべく多くの方にお伝え頂ければと思います

シェア拡散大歓迎! 是非お願いします!

このように市民からの要請に従って厚生労働省から明確な指針が打ち出されたのは歴史的にもそして世界的にも本当に大きなことだと思います

ママたち👩が国を動かし始めているんです

厚生労働省が市民のためにしてくれた仕事を
写真で見て頂けたら嬉しいです💁‍♂️

全国のママさん達本当に良く頑張ってくれました💞

みんなほんと良かったねっ!
———————————
医療従事者も強制ではありません。選択はあなたの権利です。

またあなたの選択であるということは、何か問題が生じた場合、「あなたが選択したのでしょう?『接種を希望します』にチェックしたでしょう?『希望』したのでしょう?では、あなたの責任です」と言われるということです。

1回のワクチンがあなたの人生を決めるかも知れません。他の誰も責任は取れません。

よく考えて決断しましょう。

上司などと交渉する必要はありません。打ったかどうか申告する義務もありません(個人情報です)。

ただ希望しませんにチェックするだけ。
それを理由に業務変更などするのは差別であり違法です。

打たなくたって全然大丈夫だってよ!

厚生労働省ありがとう😊

全国の役所の皆さん本当にありがとう😊

議員さんありがとう😊

ママエンジェルス👩

答申祭り♬

日本から始まる合図だよっ🌏

これ チラシだよっ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_yoshinhyouetc.html#
h2_free3

接種できない人 + ワクチンの成分
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_pfizer.html#h2_free5